• Top
  • Introduction
  • Event
  • Batteler
  • Cast
  • Information
  • Movie
  • Contact
  • 2019
    1 / 22
    Tuesday

    花いけバトル〈大分〉in 九花連 大分大会 レポート

    「第59回 九州生花商団体連合会 大分大会」が1月22日(火)に大分で開催され、九州の各花商組合より選出された腕利きフローリストがバトラーとして登場しました。
     
    大分は熱かった!
    いや、九州は熱かった!
     
    花をいける人は輝いている。
    そんな場面に出会える瞬間が花いけバトルにはある。
     
    出場したバトラーの一人、熊本花き市場花商組合の大ベテラン 鶴崎 直は、圧倒的な存在感を力強く示していた。
     
    花をいける瞬時の判断、作品の構成力が大いに問われる花いけバトル。
    そして花をいける所作の全てが露わになってしまうのも花いけバトル。
     
    鋭い感覚を持ち、一切の無駄がない所作は流れるように美しく、見事な立ち振舞いと相まって、その全てが華麗なものであった。
     
    ベテランの姿に触発され、大いに刺激を受けた九花連 大分大会。
    出場したバトラーの誰もが気を吐いた。
    花のいけ手であるバトラーが本気だからこそ、伝わるものがそこにはある。
     
    屈指の作品が次から次へ出来上がるなか、どの作品に対しても惜しみない拍手が贈られ、いずれもが僅差の得点差で勝敗が決まったのが印象的であった。
     
    バトラーが全力で花をいけた。
    昂ぶる情熱を、花をいけることで魅せ続けた九花連 大分大会。
     
    優勝は香月 大助!
     
    佐賀花商組合を代表して出場した香月は、変幻自在な作品展開を、スピード感あふれる躍動的なアプローチで大胆に取り組み、終始オーディエンスを魅了していた。
     
    九州のお花屋さん(花商組合)が結束し、一丸となりながら花業界を盛り上げ、互いに高め合おうとしていることを、この九花連 大分大会で感じることができた花いけバトルでした。
     
    ご覧いただいた皆さま、ありがとうございました。
     
    <出場バトラー>
     
    鹿児島県生花商組合
    「花舞う桜島の爆風」家村 洋一
     
    佐賀花商組合
    「肥前のがばい旋風」香月 大助
     
    熊本花き市場花商組合
    「弓射るレジェンドの逆襲」鶴崎 直
     
    久留米生花商組合
    「三代目は魂の貴公子」戸川 力太
     
    福岡花商協同組合
    「異次元からきた植物の代弁者」都甲 誠
     
    大分園芸花市場
    「大野城のフラワーマジシャン」飛松 誠自
     
    宮崎中央花き花商組合
    「高鍋の特攻隊長」福岡 直樹
     
    長崎花商協同組合
    「人情溢れる島原の弾丸フローリスト」山本 久美子
     

    1 / 1

    イベント一覧へ